こんなにある!カラコンの間違った着け方

こんなにある!カラコンの間違った着け方

カラコンの左右について

カラコンを使っていて左右が分からなくなってしまった経験のある方は多いのではないでしょうか。
カラコンで度ありのものを使っていれば、視力がちぐはぐになるので、すぐに気づきます。度数がない場合には自分では違いが分からなくなってしまうものです。

 

 度なしのカラコンは使用前のレンズは全く同じものですから、使い捨てタイプの場合には左右を気にする必要はありません。
 しかし、2週間、1カ月、3カ月と長期間使うことのできるものは、販売店のサイトによると、一度使用後は左右の区別をしっかりするように書いてあります。

 

 度ありの場合も左右の区別を必ずしなければなりませんから、カラコンを使うときに装着の順番を決めておくとよいでしょう。保存ケースから出して、まず、右目につけ、外すときは右目から外す、などと自分で順番を決めてしまうのがコツです。こうすると保存の際の間違いや付け間違いをなくすことができます。

 

左右間違いよりまずいのは、裏表の間違い

 また、カラコンの場合はソフトレンズですから、裏表がひっくり返ってしまうこともあります。カラコンを裏のままつけてしまうと違和感がありますし、角膜を傷める可能性 もありますから、装着前にしっかり確認するようにしましょう。

 

 カラコンを指に乗せて側面からじっくり見ると、カーブが自然でなく、ふちの部分が反りかえっていると、裏返しの可能性が高いので、逆にして再度確認しましょう。 左右や裏表が分からないときには、眼科や販売店で確認をお願いしましょう。

 

間違った方法で盛り目にしないで!

デカ目女子に盛れちゃうカラコン紹介
誤った方法や粗悪なレンズを使用しては、目を痛めます。せっかくのデカ目も眼帯をするはめになったら最悪・・・。
安全・清潔・自然に目を大きく見せるカラコン選びのノウハウをこちらで紹介しています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ